等値面(STLファイルとWRLファイル)出力及びボリューム編集

1. 等値面(STLファイルとWRLファイル)出力

サンプルの三次元CT再構成結果を3Dプリンタでモデル造形するためには、CTデータをSTL形式やWRL形式などのCADデータに変換する必要があります。

TomoShopでは、再構成結果を色付けポリコーンデータに変換した後、STL形式やWRL形式のファイルに保存できるようにプログラムを実装しました。

等値面変換および3Dプリンターによる再現化
等値面変換および3Dプリンターによる再現化

2.ボリューム編集 --- サブピクセルの編集と楽な作業体験

ボリューム編集機能は、三次元CT再構成画像に対して、着目した部分だけを抽出して3Dプリンタで再現したい場合に欠かせない機能です。

TomoShopでは、編集プランの作成および適用と言う革新的な編集コンセプトを提案し、高精度(サブピクセル)の編集と楽な作業体験を追求した正確・簡単・高速に三次元画像が編集できるプログラムを実装しました。

編集プランとは、人間の頭の中で考えている編集内容を計画立てて実行すると言う意味で、領域・曲線・点群・スクエアから選択できます。

編集前の三次元画像 編集中の三次元画像
編集前の三次元画像 編集中の三次元画像
編集後の三次元画像
編集後の三次元画像