TomoShop® Volume Player

機 能
Win8のマルチタッチ操作
ムービー出力(H.264/WMV)
ボリューム可視化
最大値投影法
ボリュームレンダリング法
局部エッジレンダリング法
多断面変換法
パノラマ表示(開曲線と閉曲線)
伝達関数の制御
透視投影と正射影
切り出し(ボックスと円柱)
計測
距離計測
角度計測
ドローイング
CADデータ シミュレーション

 TomoShop® Volume Playerは、ボリューム可視化および簡単な計測機能を有する無料ソフトです。

 エンドユーザーは、TomoShop® 2.1シリズ以上がData Signatureしたデータに対して、個人のPCでCT再構成結果を見たり簡単な計測を行うことができます。

 TomoShop® Volume Playerおよびサンプルデータのダウンロードファイルは、次のとおりです。

  1.  インストーラ(64ビット):ダウンロード(60.3MB)

  2.  サンプルデータ:ダウンロード(8.87MB)

 TomoShop® Volume Playerでサンプルデータを表示したい場合、フォルダ内の任意のjpgファイルをTomoShop® Volume Player画面にドラッグ(drag)してください。

 TomoShop® Volume Playerが実行できるシステム動作環境は、次のとおりです。

  1.  OpenGL 3.0 以上
  2.  Microsoft .NET Framework 4.5

三次元幾何変換操作ガイド

  1. 回転 ― 左ボタン
    •    マウスを回転しようとする画面に移動し、左ボタンを押しながら移動すると、相関画面が回転して表示されます。断層画像を回転する場合、他の断層画像の表示も変わります。
    •    タッチ操作モードの場合、指で回転しようとする画面をタッチしながら回したら、回転操作が実現できます。

  2. 並進 ― 右ボタン
    •    操作する画面にマウスを移動し、マウスの右ボタンを押しながら移動すると、相関画面が移動して表示されます。
    •    タッチ操作モードの場合、並進しようとする画面に指をしばらくタッチし、指を移動して並進操作を行います。

  3. ズーム ― 中央ボタン
    •    操作する画面にマウスを移動し、マウスの中央ボタンを押しながら上下に移動すると、相関画面が拡大縮小して表示されます。断層画像を拡大縮小する場合、他の断層画像の表示も変わります。
    •    タッチ操作モードの場合、拡大縮小しようとする画面に指2本を同時にタッチし、タッチした2本の指の距離を小さくして画面の縮小、大きくして画面の拡大ができます。

  4. 断層番号の変更 ― マウスホイール
    •    変更したい断層番号の断層画面にマウスを移動し、ホイールすると断層画面が変わります。
    •    タッチ操作モードの場合、断層番号を変更したい断層画面に指3本を順番にタッチし、3本の指を同時に移動することによって断層番号が変更できます。

  5. 全画面表示の切り替え ― ダブルクリック
    •    マウスで全画面表示したい画面をダブルクリックすると、その画面が全画面表示されます。また、全画面表示された画面を再びダブルクリックすると、元のサイズに戻ります。